バイナフ自由通信+原発ダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

August 18(Thu), 2016

[]フラッシュのインストール

firefoxでフラッシュのプラグインをインストールするときは、まずここに行き、

https://get.adobe.com/flashplayer/

「Your system:」

以下の選択肢の中から、「apt for ubuntu」を選び、一番右側にある「Download now」をクリック。すると新しいウィンドウが開き、こう聞いてくる。

f:id:ootomi:20160818063346p:image

この「apt url」を選んだまま、OKを押す。

f:id:ootomi:20160818063429p:image

パスワードを入力する。これ以外のダイアログが出てきたら、「ok,ok」。

「ソフトウェアの更新」を実行。

firefoxを再起動。

May 03(Tue), 2016 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 私が何かをすることに意味なんかあるのか? と、よく考える。それは個展を開いて、人々に作品を示した時に見つかり、あるいは何かの行動をしてみる時ーー例えば誰かに異議申し立てをしたり、プラカードを掲げた時に見つかり、炭酸水に浮かぶ泡のように消えていく。

 行動によって、意味がみつかる。

 \

 嫌なことというのは、だいたい言葉の領域で起こる。悪いことを言われたり、ときには自分が口にしてしまったり。

 暴力というものもある。認めたくはないが、それも言葉の一種だ。今も、それが恐ろしくて一歩が踏み出せない自分がいる。

 \

 「そうだから絵を描くんだ」と、見知った子どもに言ってみる。絵は何かからの逃避なのかもしれないし、あるいは、救いであってほしい。

 \

 見えない大きな波が、私たちを押し流してしまいそうだ。

 ひとかたまりになってそれを凌ごうとする人々もいるけれど、あまりにも波は高い。

 その波が、もしも幻影だとしても、私たちが翻弄されていることは事実だ。

 もし自分を売らなければならない時があれば、できるだけ高い代償を払わせるべきだ。

 \

 人が人を所有することはできない。

 \

 苦しみに見合う何かは、現代美術の中にはほとんどない。人々が離れていくのにも道理がある。そのように認識する美術家にとって、過去はほとんど負債のようでもある。

 \

 余暇ではなく、人生。仕事ではなく、苦役。

 \

 生産をするには、天然資源を使わなければならない。生産に携わる圧倒的多数の人は、その日を生きていくのが精一杯であり、その上前をごく一部の者達がはねている。

 上前をはねる者達は、それをひたすらに蓄えたり、あるいはモノやサービスに換える。蓄えられた財物は、天然資源を蒸留して得た水やアルコールのようなものだ。それらは紙幣、土地、信用枠のかたちをとる。

 一度使った天然資源は戻ってくることはない。紙切れか、さもないと単なる数字に変わって、誰かのところに隠匿されている。そして最後の時ーー資源を使い切る時が近づく。

 これが私有財産制というおとぎ話だ。