Hatena::ブログ(Diary)

小久保せまきのはてな分室

2011-03-13

コピペ探訪〜阪神大震災コピペの謎を追え(2)

さて、阪神大震災と社会党に関するコピペは、これとは別に有名なものがひとつある。それは地震発生直後からの時系列を追いながら村山内閣の対応を批難するものだ。




17日

05:46 地震発生

05:50 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ発進準備。

05:50 第三十六普通科連隊(伊丹)営舎内にいた隊員約三百人による救援部隊編成開始

06:00 CNNワールドニュース、トップニュースで「マグニチュード7・2。神戸で大地震」と報道。

06:00 村山起床。テレビで震災を知る。

06:20 テレビで急報を知ったダイエー中内功社長出社

06:30 自衛隊百里基地、偵察のためRF4発進検討するも断念。4ヶ月前北海道東方沖地震でRF4が墜落、「社会党の追及」で当時の指揮官が更迭されたため。

06:30 自衛隊中部方面総監部非常勤務体制

06:30 村山、園田源三秘書官に、電話で、状況把握を指示(園田本人は「そのような事実は無かった」と否定、つまり村山の自己保身による嘘である)。

06:30 警察庁が地震災害対策室を設置、大阪、京都、奈良などに機動部隊の出撃命令を出す

06:35 自衛隊第三十六普通科連隊(伊丹)、倒壊した阪急伊丹駅へ「伊丹署の要請」で先遣隊出動

06:50 陸自第3特化連隊(姫路)非常呼集

07:00 スイス災害救助隊、在京スイス大使館へ、日本政府への援助申し入れを指示

07:00 金重凱之秘書が国土庁防災局に電話で状況確認し、村山に「特にこれといった情報は入っていない」と報告。

07:14 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ1番機発進。高架倒壊等の画像撮影。「出動要請がないため」訓練名目。

07:30 村山総理に一報

07:30 陸自第3特化連隊(姫路)、県庁へ連絡部隊発進

07:35 第三十六普通科連隊(伊丹)、阪急伊丹駅へ48人応援

07:50 石原信雄官房副長官、川崎市の自宅を出発。

07:58 阪急伊丹駅救助活動48人

08:00 官邸、防衛庁に派遣要請がきているか確認するも、兵庫県からの派遣要請無し。

08:00 ダイエーが地震対策会議。中内社長、販売統括本部長にヘリコプターで神戸へ飛ぶよう指示。おにぎり、弁当など1,000食分と簡易衛星通信装置を搭載。

08:11 徳島教育航空郡所属偵察機、淡路島を偵察。「被害甚大」と報告。

08:20 西宮市民家出動206人

08:20 貝原兵庫県知事、職員の自動車で県庁到着。対策会議開くも「自衛隊への派遣要請出さず」 判断理由不明 おそらくは貝原知事の左翼的な思想的問題であろう。

08:26 村山総理、官邸執務室へ(予定より1時間早い)。「テレビ」で情報収集。

08:30 セブンイレブン災害対策本部、被災地店舗へおにぎりをヘリ空輸開始。

08:45 村山総理「万全の対策を講ずる」とコメントを発表。

08:50 韓国政府、「日本関西地域非常対策本部」(本部長・金勝英=キム・スンヨン=在外国民領事局長)設置

08:50 石原信雄官房副長官到着。「現地は相当酷い」とコメント。

08:53 五十嵐広三官房長官「非常災害対策本部を設置し小沢潔国土庁長官を現地に派遣する」と発表。

09:00 自衛隊呉地方総監部から補給艦「ゆら」が神戸に向けて出港。

09:05 国土庁が兵庫県貝原知事に自衛隊への災害派遣要請促す 本末転倒である

09:18 村山総理、廊下で記者に「やあ、大変だなあ?」と他人事のように挨拶、視察はしないのかとの質問に「もう少し状況を見てから」とコメント。

09:20 総理及び国土庁長官、月例経済報告出席。地震対策話題無し

09:40 海自輸送艦、非常食45000食積み呉出港

09:40 神戸消防のヘリコプターが上空から市長に「火災発生は20件以上。市の西部は火災がひどく、東部は家屋倒壊が目立つ」と報告。市長は直ちに貝原兵庫県知事に自衛隊派遣を検討するよう電話で要請。知事は判断を留保

10:00 村山総理、月例経済報告終了後廊下で、記者の「北海道や東北と違い今回は大都市での災害だが、対策は?」との質問に「そう?」とコメント。

(中略)

18日

辻元清美ピースボート現地入り。印刷機を持ち込み宣伝ビラを配布し始める。

「生活に密着した情報をとどける」と銘打つが、内容は、ピースボートの宣伝や、被災した喫茶店主の「国は17日付で公庫の返済分をきっちり引き落としよった」や、韓国基督大学による韓国風スープ炊き出しの話しなど。

(攻略)


このコピペでは村山内閣の初動の遅れと、辻元の被災地での振る舞いが批判されている。しかし、ここでは辻元が「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください。」というビラを配っていたということは触れられていない。ピースボートの宣伝をしていたということしか言及されていない。


18日

辻元清美社会党参院議員(当時)の先生さま、癒着している極左NPO団体ピースボート引き連れ現地入り。なぜか印刷機を持ち込み政治宣伝ビラを配布し始める。

「生活に密着した情報をとどける」と銘打つが、内容は、ピースボートの宣伝や、被災した喫茶店主の「国は17日付で公庫の返済分をきっちり引き落としよった」や、韓国基督大学による韓国風スープ炊き出しの話しなど。一体何を目的に被災地にまで来たのか理解不能。人間として狂っているとしか言いようがない。さすが社会党!

というのも、一部のブログ(http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t)では先走ってこのように書き加えたりているが、阪神大震災当時辻元清美は国会議員ではない。彼女は社会党から社民党に改組直後の1996年10月の第41 回衆議院議員総選挙において比例区から初出馬して当選を果たしている。彼女は社会党に所属したこともなければ参議院議員だったこともない。1995年1月当時の彼女はピースボートという団体にいた。


ピースボートとは、辻元清美が早稲田大学在学中の1983年に創設したNGOで、民間レベルの国際交流を目的とした船舶旅行を企画している。彼女らピースボートは確かに神戸の被災地でビラ(かわら版「デイリーニーズ」)を配布している。

f:id:semaki:20110313174059j:image

f:id:semaki:20110313174060j:image


この画像は、実録:KOKIのざっぱ汁(http://kokis.client.jp/noby/n41_murayama.html)というサイトからダウンロードしたものである。当時配布されていた情報ビラのようだ。ここでは確かに「ピースボートの宣伝」や「行政批判」は記されているが、「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください」というメッセージは見当たらない。


そもそもこの時系列は古くからweb上にあったたもので、自称「中華奴隷ではない一市民」という方が作ったものだ(http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9881/sinsai.htm)。引用の記録からすると、早くとも2003年ごろにはweb上にあったものと思われる。

【社民党】土井たか子さんのホームページ【党首】

http://www.geocities.jp/toraregulus/heiwa/2609_1065958308.html

22 名前: tomyk 投稿日: 2003/11/10(月) 20:37 [ ZE128158.ppp.dion.ne.jp ]

社民・共産とも議席を大幅ダウンですが、社民党は朝鮮民主主義人民共和国への罪状と共に、阪神淡路大虐殺の責任もあります。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9881/sinsai.htm

近畿の方達も、既に気付いてるんですよ。

このサイトは2003年以降も2005年、2007年と度々言及されたりリンクされたりしていた。しかし、ここを一躍有名にしたのは2007年1月19日のあるニュースだった。


国民保護は地方自治から 2007/1/19 カエルニュース第253号

(前略)

阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。

日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である。

(後略)


これは社民党議員阿部知子氏が自身のwebサイトで公表したものである。阿部氏は2000年初当選で当時の様子を直接ご存知ないにせよ、社民党(旧社会党)が総理大臣を輩出していた政権について語るにはあまりに不十分な内容といわざるを得ない。自衛隊の出動が遅れたのは(村山首相や社会党の「陰謀」があったにせよなかったにせよ)政治側の理由にあることは誰もが認めるところであり、自衛隊を責めるのは筋違いもいいところである。


案の定このニュースは2chを中心として「炎上」し、数多くの阿部批判スレがたつこととなった。その中で多く引用されたのが、政府の動きと、自衛隊の動きを対比させた例の時系列だったのだ。しかし、この時点では辻元清美が「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください」というビラを撒いたという指摘は一切見られない。社会党が阪神大震災時に自衛隊批判をしたという情報はどこから生じたのか?


実際、古くから「救援活動に来た自衛隊に対して自称市民団体が反対運動をしていた」という記述は見受けられる。自衛隊を批判するようなビラを配布していたり、自衛隊に抗議をした人間をみたという書き込みは年代問わず様々確認できる。その「真偽」については知る由もないが、少なくともネット上においては「そのような人がいたようだ」ということは共有されている「事実」のようである。ただ、それは言うまでもなく「社会党」や「辻元清美」ではなく、名も知らぬ「市民団体」「活動家」と語られているのみである。


これがどのように変遷を遂げたのか。ここでひとつのブログが参考になるかもしれない。


それは「何故私が嫌いになったか 18歳高3、韓国問題を取り上げていきます。頑張れ日本! 」というブログ(http://maki6544.seesaa.net/article/12650047.html)の、2006年2月2日の記事である。ここでは「社民の妄言」と題して、福島瑞穂がしたとされる「警察官の拳銃使用は絶対反対。犯罪者と言えども人権はある訳ですし、犯人には傷一つ付けてはいけない」発言などを引用しながら社民党批判が繰り広げられている。


※この発言の真偽については疑問の声が寄せられており、批評家荻上チキ氏によって検証がなされている。

http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060608/p2)(http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20070714/p1

ちなみに、このエントリーが氏の検証に影響を受けていることは言うまでもない。


その中に、以下のような記述がある。

福島では無いですが、土井たかこも飛ばしてたそうですね。

阪神大震災の際、救助活動をする自衛隊員達の前で「自衛隊は憲法違反ですよ!日本国憲法の精神は自衛隊を認めていません!」と演説したそうです。

市民の反感を買って逃げ帰ったそうですが、社民党が政権を取ったら救助や復興をせずに、市民を見捨てるんでしょうね。冗談じゃありません。

こんな事ばかり言ってるから捨民党などと言われるのです。


この「自衛隊は憲法違反ですよ!日本国憲法の精神は自衛隊を認めていません!」という発言はネット上ですらほとんど見ることができない。検索してみるとこのブログと一部のスレを除いて見ることができないのである。


阪神大震災における「反自衛隊活動」にまつわるコピペには有名なものがある。それは、


2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。

その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」

団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」

少女「で、何しにきたんや?」

団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」

少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」

団体「・・・・?」

少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。

寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて

夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。

私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。

あんたらにわかるか?

消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。

でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。

あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。

団体は撤退。

彼女は門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。

というものだ。これは2001年ごろには言及されていることが確認できるほど古いコピペである(http://natto.2ch.net/jsdf/kako/1006/10068/1006874813.html)。このコピペに代表されるような「反自衛隊活動を行っていた市民団体」と「旧社会党の反自衛隊姿勢」そして「辻元清美らピースボートの現地での活動」が時間と共に融合して、どんどん新しいエピソードを産んでいったものと思われる。


現にこのコピペは様々に「成長」をとげている。


知りたいのはソコやねん!(http://urawadai.blog.so-net.ne.jp/

尋ねて来た少女 2006-03-31 14:16

自衛隊の駐屯地祭・・・・

で例によって変な団体が入り口で、例によってわざとらしくデモをして

来場してきた人達は皆表情が曇る。

響く拡声器の音・・・・喚く集団・・・・中には子連れで泣き叫ぶ女まで・・・

盛り上がるデモ隊

その集団に向かって、大きな旅行カバンを持った一人の女子高生が向かっていく。

少女「なんやあんたら地元の人間か?」少女は関西弁で話しかける

団体の先導「私達は全国から集まった市民団体で憲法に背く自衛隊の・・・云々」

少女は見る見る怒りの表情に変わる

「・・・・・・で、そろいも揃って何しにきたんや?」

団体の先導「憲法違反である自衛隊賛美ひいては軍国主義への増長へと繋がる・・・云々」

演説が続く中、さえぎるように「オイ!!!」と少女は怒号する

少女「私は神戸から来た人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」

団体「・・・・?」

少女「ええか・・・・地震で埋もれた家族を瓦礫よかして助けてくれたのはここの部隊の人や。

冬の寒い中ご飯作ってくれて、でかい釜作って風呂沸かしてくれてくれたのもここの部隊の人や。

夜は寝ないで槍持って泥棒やレイプ起きひんようにパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。

そして・・・・・」

少女は、涙を流し始めた

「そして、自分らの食う分の食べ物まで、家無くした年寄りに分けてくれたのもここの部隊の人達や。

私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。邪魔するな!!!」

周りには話し声一つ聞こえない・・・・

最後に、涙を堪え、搾り出すように少女が言った

「あんたらにわかるか?

消防車が聞こえても通り過ぎるだけの絶望感が!

助けを呼ぶ声が聞こえなくなってゆく絶望感が!

燃えカスみたいになった・・・めちゃくちゃになった街へ

ここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。

団体は、波が静かに引くように、ちりジリに帰ってゆく・・・・

大きなカバンを抱えた彼女は、駐屯祭への門をくぐった時に

守衛の自衛官が彼女に直立不動のまま敬礼していた。

その敬礼は、彼女が人ごみに消えるまで続けられていた・・・・・


やたら脚色されて、あまりにも創作じみている。さらに、


ハイチが北斗の拳状態

http://www.unkar.org/read/dubai.2ch.net/morningcoffee/1263557475

28 :名無し募集中。。。[]:2010/01/15(金) 21:34:19.11 0

阪神大震災の際、自衛隊より先に現地入りした辻元清美は被災者に

「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください。」と書かれたビラを配りました。

その後、懸命に救助活動をする自衛隊員の前で土井タカ子は

「自衛隊は憲法違反ですよ!日本国憲法の精神は自衛隊を認めていません!」と演説しました。

それから数年後・・・

とある駐屯地祭での出来事。

例によって変な団体がやって来た。

その集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき少女がが近づいて行く。

少女「あんたら地元の人間か?」

団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」

少女「で、何しにきたんや?」

団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」

少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」

団体「・・・・?」

少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。

   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて

   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。

   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。

   あんたらにわかるか?

   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。

   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。

あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。

団体は撤退。

彼女は門をくぐった時に、守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。


これまで見てきた色々なエピソードが融合している。こうやってコピペは「成長」していくのだ。


見てきたとおり、辻元氏が「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください」と主張した根拠は見つからなかった。当時配られたビラを読んでも、2009年2月以前の社会党批判の書き込みを解析してみても、それまではひとつも語られたことがないエピソードだった。これが、突然「今、麻生内閣の支持率が下がり、次の選挙で民主党が政権を取ろうとしてい」るという文脈の中で、民主党批判の材料として登場するのだ。

(3)に続く。

デマは嫌いデマは嫌い 2011/04/02 14:29 2011年3/20のテレ東で石原信雄が阪神淡路大震災で誰かが自衛隊を止めたというのはデマで、知事が被災して状況を把握するのが遅れ、自衛隊は主力の姫路部隊が道が酷くて遅れたと言っていました。恐らくそのデマは辻元清美の事でしょう。

 2013/03/23 12:50 第一号及び二号は無いんでしょうか?
記載されてない号のみを流したんじゃないのでは?

  2013/03/23 14:37 自衛隊の活動を妨害したというデマは、自衛隊に能力がないことを隠してるんだよね。
大震災のたびに輸送能力がまったく足りてないことがわかるんだけど、妨害されたというデマと隊員の献身的な活動に隠されてしまって、取り上げられることが無い。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証