オホーツク

(地理)
おほーつく

札幌網走間を運転する特急列車。途中の遠軽駅で進行方向が逆向きになる(スイッチバック)。

キハ183系気動車により運転されている。夜行運転の際には14系客車(B寝台車)を編成に挟みこんでいた。同じく札幌〜北見・網走間を運転する都市間バスがライバルとなっている。

かつて、石北本線には函館〜札幌〜網走間を直行する特急「おおとり」*1が「オホーツク」(当時は3往復)の他に一日1往復運転されていたが、青函トンネルが開業した1988年3月のダイヤ改正をもって廃止され、函館〜札幌間の特急「北斗」と「オホーツク」に系統分割された。

さらに1992年3月のダイヤ改正で、これまで札幌〜網走間を運転していた夜行急行「大雪」が特急に格上げ・気動車化されて「オホーツク」となり、一日5往復体制が長く続いていたが、夜行1往復は2006年3月18日のJRグループダイヤ改正をもって、冬季流氷シーズン限定の季節列車扱いに格下げされ、後に設定自体が廃止された。

2017年3月のJR北海道ダイヤ改正をもって現行4往復のうち2往復が旭川〜網走間に短縮され、「大雪」に改称される。

*1:当時は青函連絡船を間に挟み、青森駅で寝台特急「はくつる」(583系電車)に接続していた。

オホーツク

(一般)
おほーつく

オホーツク海

→東京農業大学のオホーツクキャンパス。生物産業学部がある。北海道新聞では「東農大網走」と呼ばれることがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ