ジェーン・バーキン

ジェーン・バーキン

(音楽)
じぇーんばーきん

Jane Birkin

映画女優、舞台女優、作家、劇作家、監督、脚本家、歌手、モデル....

1946年12月14日英国イングランド、ロンドン生まれ。
モデル活動、ミュージカル出演の後、渡仏。セルジュ・ゲンズブールに出会い、彼のプロデュースによって歌手デビューし、69年の「ジュ・テーム」で話大騒然となる。その後も、映画、音楽番組、広告(RENOMA)などで共演して認知されると共に、クロード・ジディなどのコメディ映画でも独特の魅力を発揮。
80年セルジュ・ゲンズブールとの生活を終わらせ、ジャック・ドワイヨン監督作「放蕩娘」で新境地を開拓。84年の『ラ・ピラート』での熱演でセザール賞主演女優賞候補となると共に、その演技を見て感銘を受けた演出家パトリス・シェローがマリヴォー作《偽の侍女》のヒロインに抜擢。以来、舞台でも活躍を始めると共に、リサイタルにも挑戦。
93年にはアムネスティの活動に賛同し、同団体が製作したオムニバス映画の1篇で監督に挑戦。続いて自作代本によるTV映画も演出し、後にその舞台版に自ら主演。96年はロンドンのナショナル・シアターの招きで《トロイ人》のアンドロマック役を熱演。ゲンズブールの死後、リサイタル活動を停止していたが、封印せず歌い続けることが彼のためであるということもあり活動を再開し、違ったアプローチなども試みる。2006年末よりフィリップ・カルヴァリオ演出《エレクトラ》の主演に取り組み、1月にはアマンディエ劇場でも演じる。
なお、娘に写真家ケイト・バリー(父はジョン・バリー)、女優シャルロット・ゲンズブール(父はセルジュ・ゲンズブール)、女優ルー・ドワイヨン(父はジャック・ドワイヨン)がいる。

主な出演映画

  • スローガン(1968)
  • 太陽が知っている(1968)
  • ワンダーウォール(1968)
  • カトマンズの恋人(1969)
  • ガラスの墓標(1969)
  • マドモアゼル a Go Go(1972)
  • ドンファン(1973)
  • まじめに愛して!(1974)
  • ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ(1975)
  • スキャンダル(1976)
  • ナイル殺人事件(1978)
  • メランコリー・ベイビー(1979)
  • エゴン・シーレ愛欲と陶酔の日々(1980)
  • 地に堕ちた愛(1984)
  • ラ・ピラート(1984)
  • マンスフィールドの追憶・孤独な果実(1985)
  • 悲しみのヴァイオリン(1986)
  • アニエス・vによるジェーン・b(1987)
  • カンフー・マスター!(1987)
  • ふたりだけの舞台(1987)
  • 右側だけに気をつけろ(1987)
  • ダディ・ノスタルジー(1990)
  • 美しき諍い女(1991)
  • 恋するシャンソン(1997)
  • シャンヌのパリ、そしてアメリカ (1998)
  • The Last September (1999)
  • Merci Docteur Rey (2002)
  • La Tête de maman (2007)

美しき諍い女 無修正版 [DVD]

美しき諍い女 無修正版 [DVD]

ラ・ピラート (無修正完全版)

ラ・ピラート (無修正完全版)

シャンヌのパリ、そしてアメリカ [DVD]

シャンヌのパリ、そしてアメリカ [DVD]

ディスコグラフィ(主要)

Di Doo Dah

Di Doo Dah

Fictions

Fictions

Jane Birkin

Jane Birkin

新着ブログ: ジェーン・バーキン