ハラール

()
はらーる

アラビア語: حلال
英字表記: halal
イスラム用語で「合法の」とか「許された」とかいう意味。イスラム教徒が食べてもよいものを指す。また、「ハラーム(haraam)」という言葉は、反対に「食べてはいけないもの」を指す。豚肉や、豚を原料とした食品はハラールではない。

アッラーの御名が唱えられなかったものを食べてはならない。それは誠に不義な行いである。(コーラン6:121)

ハラール

  • 野菜、卵、乳製品
  • イスラム法に基づきお祈りを行い、神の名の下に屠殺された肉。
    ※豚肉など、ハラームなものはお祈りしても駄目。
    お祈りの際は以下の様に唱えるのが基本。

ビスミッラーヒッ ラフマーニッ ラヒーム*1

  • 魚介類一般(スンニー派)
    鱗の付いた魚、エビ(一部のシーア派)
  • イナゴ
  • シマハイエナ(雑食なので、一部の地域では許可)

ハラーム(食べてはいけないもの)

  • 豚肉(コーラン 第2章173節)、豚を原料としたもの
  • 血(コーラン 第2章173節)
  • 神の名の下に屠殺されていない動物の肉(コーラン 第2章173節)、その動物を原料としたもの
  • 死肉 / 腐肉(コーラン 第5章3節)
  • アルコール類
  • 牙を持つ食肉動物
  • ロバの肉
  • イナゴ以外の昆虫

※動物性油脂、ゼラチン、ビーフブイヨン等の肉エキスは特に注意。

*1:慈悲遍く慈悲深きアッラーの御名において
بسم الله الرحمن الرحيم

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ