マックス・ヴェーバー

マックス・ヴェーバー

(読書)
まっくすう゛ぇーばー

リスト::学者::社会科学
Max Weber, 1864年4月21日1920年6月14日
経済学・社会学を筆頭とする社会科学・歴史学のあらゆる分野に通じ、とりわけ戦後日本の社会思想に計り知れない影響を与えた社会学者・思想家。
新カント派の影響のもとに科学の没価値性・理念型論などの社会科学方法論を提唱。経済行為や宗教現象の意味をとらえる理解社会学を建設した。

著書

  • 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
  • 『職業としての政治』
  • 『経済と社会』
    • など

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (ワイド版岩波文庫)

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (ワイド版岩波文庫)

  • 関連:ヴェーバー マックスウェーバー ウェーバー

ネットの話題: マックス・ヴェーバー

人気

新着

新着ブログ: マックス・ヴェーバー