仁淀川

(地理)
によどがわ

仁淀川は、愛媛県・高知県を流れる一級河川で、流域面積1560km²、流路延長124km。四国では、吉野川、四万十川に次ぐ第三の河川。
石鎚山に源を発する面河川と、分水嶺である三坂峠から流れる久万川が、愛媛県久万高原町の御三戸で合流して形成される。面河第三ダム下流の県境から仁淀川に河川名が変わる。
下流では、土佐市と高知市の市境を流れ、太平洋にそそぐ。
平均水質(BOD値)ランキングでは2010年に全国1位となるなど、水質は極めて良く、その水の青さは「仁淀ブルー」とも呼ばれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ