俊寛

(社会)
しゅんかん

日本の平安時代後期の真言宗の僧。平清盛討伐を話し合ったいわゆる鹿ケ谷の陰謀が発覚して鬼界ヶ島に流されて京に帰れぬまま没した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ