俵屋宗達

俵屋宗達

(アート)
たわらやそうたつ

ТАВАЛАЯ СОУТАЦ(意味もなくロシア語:キリル文字)

 安土桃山時代から江戸時代に連綿として(血統によらず)受け継がれた「琳派」の始祖。その画面構成能力は葛飾北斎のそれをも凌駕すると思われる。琳派の名の元になった尾形光琳の場合、パターン化しているキライがある。

 代表作は言わずと知れた「風神雷神図屏風:国宝」、ゾウや獅子の襖絵、雅楽の 図、「イヌが首をひねった図」など、そのイマジネーションは世界的(world wide)である。
なお、友人に本阿弥光悦がいて、尾形光琳と尾形乾山(陶芸家:光琳の弟)の関係とパラレルparallelである。また、さらに時代を下った酒井抱一も琳派に数え上げられるが、尾形光琳よりも劣ると思われ、ただ中村芳中だけが「宗達のたらしこみの技法」を正確に伝承している。

 なんだかやと言ってもそれぞれの出発点から独力で、直接の知り合いでもないのにそれぞれの業績を挙げたのは見事である。狩野派と好対照である。

新着ブログ: 俵屋宗達