八百長

八百長

(読書)
やおちょう

新橋遊吉小説。昭和40年(1965年)、第54回直木賞を受賞。

八百長

(スポーツ)
やおちょう

あらかじめ決められた結果を出すように試合などをすること。
亀田興毅のWBAライトフライ級王座の試合で不可解な判定勝ちに対して、
インターネットを中心に「八百長ではないか」との声が多数上がった。

八百長

(一般)
やおちょう

 勝負事で、真剣に争っているように見せながら、前もって示し合わせたとおりに勝負をつけること。なれあい。いんちき。
 八百屋の長兵衛(通称八百長)という人が相撲の年寄某とよく碁を打ち、適当に勝ったり負けたりするように手加減をしたことから出た語という。

ネットの話題: 八百長

人気

新着

新着ブログ: 八百長