博報堂

博報堂

(一般)
はくほうどう

株式会社 博報堂。日本の広告会社(総合広告代理店)。広告黎明期である1895年(明治28年)10月6日創業の老舗。国内広告業界第2位、単体で世界第7位の広告代理店。元は教育雑誌の広告取次店だった。本社は港区赤坂の赤坂サカスにある赤坂Bizタワー(2008年に移転完了)。2003年に、大広・読売広告社*1と経営統合し、博報堂DYホールディングスを設立したことを受け、持株会社 博報堂DYホールディングスの子会社となった*2。大合併により巨大化し、1兆円グループとして、国内第1位の電通や海外広告会社と対峙。電通と博報堂とを合わせて、広告代理店の二大巨頭、「電博」(でんぱく)と呼ばれている。作風はインテリ系と言われる。博報堂広報室名義で年に4回、雑誌「広告」を出版している。

企業体質

  • クリエイティブの博報堂
    • 佐藤可士和、佐野研二郎など、多くのクリエイターを輩出。広告クリエイティブにおいて最も権威のあるカンヌ国際広告祭でグランプリを2度受賞したことがあるため、カンヌ国際広告祭事務局から特別賞を贈られている。グランプリを受賞した広告代理店は世界で7社、アジアでは博報堂1社のみである。
  • 学者肌の博報堂
    • 博報堂グループにはシンクタンク博報堂生活総合研究所も存在し、ストラテジックプランニング畑や、研究開発局から入所者が多く、学者肌の博報堂マンたちの集まる機関となっている。
  • 人財育成の博報堂
    • 企業内大学「HAKUHODO UNIV.(通称:博報堂大学)」を社長直轄組織として、2005年に開校。新人研修を初めとした基礎的な能力研修・博報堂固有の文化の共有だけにとどまらず、「構想サロン」「構想ラボ」などのプログラムを通して、社会に対しこれからの時代の大きな価値軸創造にチャレンジする機会をつくる機能も果たす。
  • 社風
    • 明治時代から民間で経営され、出版社の取次ぎから始まった博報堂の企業体質は自由かつ、温厚、まじめとされる。電通の社風が武士と形容されるのに対し、博報堂ののほほんとした社風は「公家」であるとも言われる。
  • 無借金経営
    • 新社屋を建設し多額の債務を負っている電通に対し(ただし、決算は創業から2007年度まで全て黒字)、無借金経営でも知られる。「広告業に自社ビルは必要ない」との創業者一族の哲学に基づき、自社ビルは所有していない。
  • ランキング
    • 就職人気ランキング(リクルート等)や合コン希望相手ランキングの上位に位置している。

主な製作

  • アサヒスーパードライ(アサヒビール)
  • フロムエー(リクルート)
  • SUUMO(リクルート)
  • タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」
  • 伊右衛門(サントリー)
  • ソニープレイステーション(SONY)
  • Jリーグ
  • スポーツ振興くじ
  • Qoo(コカ・コーラ)
  • ファンタ(コカ・コーラ)
  • 暴君ハバネロ(東ハト)
  • 消臭力(エステー)
  • LISMO(au)
  • スパイダーマン
  • 花王アジエンス(花王)
  • 花王カワイイをつくる.com
  • NISSAN X-Trail(日産)
  • はねるのトびら×NISSAN
  • 表参道akarium
  • 東京ミレナリオ
  • MidTown Project
  • チーム・マイナス6%(官公庁)
  • TAP TOKYO
  • エビバーガー(ロッテリア)
  • 愛・地球博日立グループ館
  • iPhone 4(Apple)
  • 東京スカイツリー

企業形態

2003年に大合併し巨大化した。株式公開しているのは持ち株会社の博報堂DYホールディングス。この持ち株会社の傘下で、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ*3、大広、読売広告社の4社が独立性を保ちながら競争している。
また、過去には広告会社マッキャンエリクソン*4と業務提携をおこなっていたが、現在は、オムニコム系列のTBWAと共同出資し、TBWA/Hakuhodoを東京に設立。

幸せの新しいものさし

幸せの新しいものさし

広告 2011年 04月号 [雑誌]

広告 2011年 04月号 [雑誌]

広告 2011年 07月号 [雑誌]

広告 2011年 07月号 [雑誌]

*1:日本の広告代理店

*2:Dは大広、Yは読売広告社

*3:博報堂を含む3社のメディア枠仕入れ部門を移管

*4:日本初の日米合弁会社、国際広告会社

ネットの話題: 博報堂

人気

新着

新着ブログ: 博報堂