向井康介

(映画)
むかいこうすけ

日本の男性脚本家。
1977年生まれ、徳島県出身。
大阪芸術大学在学中に山下敦弘と知り合い、二人で共同で脚本を書き始める。

脚本担当作品

  • どんてん生活(1999年、照明・編集兼任)
  • 悲しくなるほど不実な夜空に(2001年)
  • ばかのハコ船(2002年、照明・制作兼任)
  • リアリズムの宿(2003年、照明兼任)
  • 青い車(2004年)
  • くりいむレモン(2004年)
  • リンダリンダリンダ(2005年)
  • 松ヶ根乱射事件(2006年)
  • 神童(2006年)
  • 俺たちに明日はないッス(2008年)
  • 色即ぜねれいしょん(2008年)
  • 実験4号 It's a small world(2008年)
  • ニセ札(2009年)
  • あんにょん由美香(2009年)※構成協力
  • マイ・バック・ページ(2011年)
  • ふがいない僕は空を見た(2012年)
  • BUNGO〜ささやかな欲望〜 告白する紳士たち『握った手』(2012年)
  • ありふれたライブテープにFocus(2012年)
  • もらとりあむタマ子(2013年)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ