平野啓一郎

平野啓一郎

(読書)
ひらのけいいちろう

愛知出身の小説家。1975年6月22日うまれ(ポスト団塊ジュニア)。
愛知県蒲郡市生。京都大学法学部卒業。

id:keiichirohirano はてなブロガー

受賞歴

  • 1999年、『日蝕』で第百二十回芥川龍之介賞受賞。
  • 2000年、京都府文化賞奨励賞受賞。
  • 2008年、『決壊』で織田作之助賞候補作。2009年、同作で芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
  • 2009年、『ドーン』でドゥマゴ文学賞受賞。

etc

AB型、右利き、執筆はVAIO、かな入力、保育園時代、森鴎外の「山椒太夫」の劇をやった(主役)。小学6年生の頃からエレキ・ギターを爪弾く。国語の成績はいつも”5”。時給850円でバーテンのバイトしてたinティピティーナ。京都大学へは原付で通っていた。

著作一覧

初期三部作(ロマンティック三部作)

第二期(短編期/計25作)

  • 「高瀬川」(講談社、2003年3月、ISBN:406211755X)(講談社文庫、2006年10月、ISBN:4062755394)
    • 清水(『』1999年5月号)
    • 高瀬川 (『群像』2003年1月号)
    • 追憶 (『21世紀 文学の創造9 ことばのたくらみ―実作集』)
    • 氷塊(『新潮』2003年2月号)
  • 「滴り落ちる時計たちの波紋」(文藝春秋、2004年6月、ISBN:4163230505
    • 白昼(「読売新聞大阪版」2003年4月8日朝刊)
    • 初七日 (『文學界』2003年6月号)
    • 珍事(『群像』2003年11月号)
    • 閉じ込められた少年(同上)
    • 瀕死の午後と波打つ磯の幼い兄弟(同上)
    • les pettites Passions(同上)
    • くしゃみ(同上)
    • 最後の変身(『新潮』2003年9月号)
    • 『バベルのコンピューター』(『文学界』2004年1月号)
  • 「顔のない裸体たち」(新潮社、2006年3月、ISBN:4104260053)
    • 顔のない裸体たち(『新潮』2005年12月号)
  • 「あなたが、いなかった、あなた」(新潮社、2007年1月、ISBN:978410420065
    • やがて光源のない澄んだ乱反射の表で……/『TSUNAMI』のための32点の絵のない挿絵(『新潮』2005年7月号)
    • 鏡(書き下ろし)
    • 『フェカンにて』(『新潮』2004年12月号)
    • 女の部屋(『新潮』2004年1月号「女の部屋のコンポジション」改題)
    • 一枚上手(『週刊新潮』2005年7月21日号)
    • クロニクル(『新潮』2006年3月号)
    • 義足 (『野生時代』2005年10月号)
    • 母と子(『新潮』2005年7月号)
    • 異邦人#7-9(『新潮』2005年7月号)
    • モノクロウムの街と四人の女(『群像』2006年2月号)
    • 慈善(『すばる』2006年1月号)

第三期

小説以外の著書

  • 「文明の憂鬱」(PHP研究書、2002年1月、ISBN:4569620035)(新潮文庫・補強版、2005年12月、ISBN:4101290377)エッセイ集
  • 「TALKIN' ジャズ×文学」(平凡社、2005年10月、ISBN:4582832903小川隆夫との共著
  • 「X-nowledge HOME 特別編集No.5『PUBLIC SPACE』(平野啓一郎責任編集号)」(エクスナレッジムック、2005年12月、ISBN:4767804310
  • 「本の読み方 スロー・リーディングの実践」(PHP新書、2006年8月、ISBN:4569654304
  • 「ウェブ人間論」(新潮新書、2006年12月、ISBN:4106101939梅田望夫との対談
  • マイルス・デイヴィスとは誰か 「ジャズの帝王」を巡る21人(平凡社新書、2007年9月、ISBN:9784582853926) 小川隆夫との共著
  • ディアローグ(講談社、2007年11月、ISBN:9784062143905) 対談集
  • モノローグ(講談社、2007年11月、ISBN:9784062143899) エッセイ集

発売されている著書の大抵は翻訳されている。

ネットの話題: 平野啓一郎

人気

新着

新着ブログ: 平野啓一郎