土井晩翠

(読書)
どいばんすい

詩人・作詞家。

1871年、現在の仙台市で生まれる。当初は「つちい・ばんすい」だったが、1932年に呼称を「どい・ばんすい」に改めた。

代表作に詩集「天地有情」など。荒城の月*1の作詞者としても有名である。
(また、仙台を始め全国には土井晩翠作詞の校歌を歌う学校が少なくない)

1950年に文化勲章を受章。1952年、没。

*1:作曲・滝廉太郎

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ