恵那峡

(地理)
えなきょう

岐阜県恵那市の中央部を東西に流れる木曽川。恵那峡とは、その木曽川の大井ダム堰提から上流の約10キロを指し、ダム湖が造り出した、人工の景勝地である。
大正9年(1920年)、それまで「恵那渓」と呼ばれていたのを、『日本風景論』の著者であり、地理学者の志賀重昂が「恵那峡」と命名した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ