損益分岐点

(一般)
そんえきぶんきてん

限界利益固定費の額が等しくなる売上高のこと。販売数量が損益分岐点以下であれば損失が生じ、損益分岐点以上であれば利益が生じる売上高のこと。


損益分岐点上の売上を求める公式は

売上高=固定費/限界利益率

限界利益率=1-(変動費/売上高)

である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ