文庫

(一般)
ぶんこ

書類、手紙、小物などを収納するのに作られた箱。

文庫

(地理)
ぶんこ

京浜急行本線の駅「金沢文庫」の略。また、同駅の周辺地区を指すこともある。
かつては京急の電車の行先幕にも同駅を指して単に「文庫」と表記していたものがあったが、車両の代替わりなどを経て「金沢文庫」とフル表示する車両が多くなっている。
cf.神奈川新町」=「新町

文庫

(読書)
ぶんこ

1) 文書・書籍の蔵。ふみくら。
2) 書籍の蒐集・コレクション。
3) 同一出版社から続いて刊行される、同一の型・装丁の叢書。特に、廉価で普及を目的とした小型本。文庫本。
4) 1970年代に最盛期だった私設児童図書館。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ