Hatena Blog Tags

文章読本

(読書)
ぶんしょうとくほん

1934年谷崎潤一郎が素人向けに文章の書き方、読み方を分かりやすく記した。後に川端康成、三島由紀夫など多くの作家が同じタイトルを踏襲する。
谷崎潤一郎『文章讀本』
川端康成『新文章読本』
三島由紀夫『文章読本』
丸谷才一『文章読本』
井上ひさし『自家製 文章読本』

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

新文章読本 (1954年) (新潮文庫)

新文章読本 (1954年) (新潮文庫)

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

自家製 文章読本 (新潮文庫)

自家製 文章読本 (新潮文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

女子高生と結婚する自由民主ゲリオン ――愛は妬まない 聖書 城塚翡翠にして神取麻衣様 女子高生は口説き放題、スプーン、街頭ナンパ、ファンレター 女子高生を口説きたい。全く簡単です。まず遠距離になりますが、スプーンと言うラジオアプリで配信している女子高生はいくらでもいますから、スプーンで仲良くなってTwitterDMにメールすればいくらでも女子高生を口説くことができます。スプーンはまず遠距離なのが欠点です。そう言うわけで街頭ナンパに移るわけですが、女子校の女子などほぼ彼氏がいませんから狙い目なわけです。女子校の例えば函館だと遺愛高校の校門から五稜郭交差点のポイントで、まず道を聞き、それから作家だ…

複素数は完全。超越は超越複素数。終わりは始まり。システム超越完全全体部分システムとは四元組織は三元、進化は五元、二元は上下、一元は神、ゼロ元は笑い、マイナスは哀しみ。整数は正しさ、自然数は喜び、実数は力、虚数は法則、有理数は願い、無理数は祈り、少数は可能性、分数は理解、無限はうつけ。濃度は正しさ明智光秀、臨海は本能寺、外は夢。そしてついに明智光秀が助けに来る。加勢する本能寺、秀吉、家康殿。戦国の諸将。。団結。。

。宮台や鶴見は東大文学部の末裔だけども、東大文学部も落ちたもんです。簡単に社会に絶望して自殺だ戦争だというのがどうして社会学や文学なのか不思議だけども。実に簡単に絶望する。鶴見はもうどうしようもない社会だと簡単に言って自殺を勧めるわけですが、派遣労働を廃止したり長時間労働を是正したり社会改良なんていくらでもできる。宮台は簡単に終わらない日常というわけですが、別に祝祭を増やしたり、社会の意味化は実は簡単なんです。鶴見と宮台は東大文学部だからもっと責任ある発言をすればいいんだけど思考停止して絶望しちゃう。極め付けは公がもう破壊されたから戦争でリセットしようという小林よしのりです。言論人というものは…