文章読本

(読書)
ぶんしょうとくほん

1934年谷崎潤一郎が素人向けに文章の書き方、読み方を分かりやすく記した。後に川端康成、三島由紀夫など多くの作家が同じタイトルを踏襲する。
谷崎潤一郎『文章讀本』
川端康成『新文章読本』
三島由紀夫『文章読本』
丸谷才一『文章読本』
井上ひさし『自家製 文章読本』

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

新文章読本 (1954年) (新潮文庫)

新文章読本 (1954年) (新潮文庫)

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

自家製 文章読本 (新潮文庫)

自家製 文章読本 (新潮文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ