Hatena Blog Tags

池広一夫

(映画)
いけひろかずお
  • 1929年10月25日東京生まれ。
  • 立教大学経済学部卒。
  • 1950年に大映京都撮影所に入社。市川崑、溝口健二、新藤兼人らに師事。
  • 1960年『薔薇大名』で初監督。61年の作品『沓掛時次郎』にて広く注目され、以降『座頭市』、『眠狂四郎』シリーズを筆頭に『若親分』シリーズ、市川雷蔵の股旅3部作などの傑作を生み出し、大映黄金期の一端を担う。
  • 助監督時代から市川雷蔵との親交は厚く、初監督作品である『薔薇大名』には市川雷蔵が友情出演している。『眠狂四郎女妖剣』においてその後定番となった円月殺法をオプチカル処理にて表現したのは池広のアイディアである。
  • 雷蔵が肝臓ガンで亡くなった際は大映本社より先に連絡を受けるほどであった。
  • 大映倒産後の1971年以降は映像京都の取締役に就任し(現在は退任し、社友となっている)、『木枯し紋次郎』、『子連れ狼』などのテレビ時代劇を多数手がける。
  • 映画作品としては東宝の『無宿人御子神の丈吉』3部作を監督。松竹の『化粧』('84)を以降はテレビドラマをメインに活躍。テレビ朝日系列の『土曜ワイド劇場』等のドラマシリーズにおいて脚本、監督をこなし精力的に活動しており、2001年から続く年末の特別企画『牟田刑事官VS終着駅の牛尾刑事』シリーズではかかさず監督をつとめている。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ