津軽海峡線

津軽海峡線

(地理)
つがるかいきょうせん

青森駅函館駅間 160.4km の鉄道路線の愛称だった。
1988年(昭和63年)3月13日、青函トンネル開業後、本州北海道とを結ぶ旅客列車貨物列車が多く通るようになり愛称として使われるようになった。
2016年(平成28年)3月26日、北海道新幹線の開業により、北海道への定期旅客列車の運行はなくなり、使われなくなった。

経路

新着ブログ: 津軽海峡線