江差線

江差線

(地理)
えさしせん

江差線は、北海道旅客鉄道(JR北海道)の五稜郭駅木古内駅間37.8kmを結ぶ地方交通線。「津軽海峡線」の一部も構成する。全線単線交流電化。
かつては五稜郭駅江差駅とを結ぶローカル線で、木古内駅から分岐していた松前線は1988年1月31日限りで廃止された*1
青函トンネル開通後、五稜郭駅木古内駅までの区間は、北海道と本州とを結ぶ特急列車が多く通過する路線となったが、木古内駅江差駅間はローカル線のままで、列車は1日6往復しか走らなかった。
2013年4月26日、JR北海道は輸送密度が道内で最も低く、赤字額も年間約3億円にのぼっている木古内駅江差駅間(42.1km)について、北海道運輸局を通して、国土交通省に2014年5月12日付での鉄道事業廃止届を提出した。。また、沿線の3町*2も、2013年3月、代替バス運行支援として地元負担の18年間分に相当する9億円をJR北海道が拠出することで、廃止に同意した。
2014年5月12日、木古内駅江差駅間が廃止。同日より、函館バスが江差木古内線として代替バスを運行する。

2016年3月26日の北海道新幹線・新青森〜新函館北斗間開業時に五稜郭駅〜木古内駅間は並行在来線としてJR北海道から経営分離され、第三セクター「道南いさりび鉄道」として再出発される。

営業キロ 駅名 読み
“えき”は略
接続路線
0.0 五稜郭駅 ごりょうかく 函館本線
2.7 七重浜駅 ななえはま
5.3 東久根別駅 ひがしくねべつ -
6.5 久根別駅 くねべつ -
7.6 清川口駅 きよかわぐち -
8.8 上磯駅 かみいそ -
14.3 矢不来信号場 やふらいしんごうじょう -
17.6 茂辺地駅 もへじ -
22.6 渡島当別駅 おしまとうべつ -
27.5 釜谷駅 かまや -
30.6 泉沢駅 いずみさわ -
34.0 札苅駅 さつかり -
37.8 木古内駅 きこない 海峡線

廃止区間*3

営業キロ*4 駅名 読み
“えき"は略
接続路線
木古内駅 きこない
40.1 渡島鶴岡駅 おしまつるおか
43.2 吉堀駅 よしぼり
56.4 神明駅 しんめい
59.2 湯ノ岱駅 ゆのたい
66.3 宮越駅 みやこし
68.5 桂岡駅 かつらおか
70.6 中須田駅 なかすだ
73.8 上ノ国駅 かみのくに
79.9 江差駅 えさし

*1:木古内駅松前駅間の方が木古内駅江差駅間よりも利用客が多かったが木古内駅五稜郭駅間が江差線に所属していたため、松前線が廃止された

*2:上磯郡木古内町、檜山郡上ノ国町、江差町

*3:廃止日はいずれも2014年5月12日

*4:五稜郭駅からの営業キロ

ネットの話題: 江差線

人気

新着

新着ブログ: 江差線