津軽線

地理

津軽線

つがるせん

東日本旅客鉄道(JR東日本)の地方交通線(ローカル線)。青森駅三厩駅 55.8km。

この内、青森駅〜新中小国信号場 33.7km は貨物列車の運行が行われている。

青森駅〜中小国駅間は電化、中小国駅〜三厩駅間は非電化

かつては青森駅津軽半島の突端・三厩とを結ぶただのローカル線(俗に盲腸線)だった。

1988年(昭和63年)3月13日、青函トンネル開業後、津軽海峡線の一部として青森駅から新中小国信号場までの区間本州北海道とを結ぶ旅客列車・貨物列車が多く通る路線となった。

2016年平成28年)3月26日、北海道新幹線の開業により、北海道への定期旅客列車の運行はなくなった。

駅一覧

※津軽線内は全て青森県内である。

駅名かな
「えき」は略
市町村
青森駅あおもり青森市
油川駅あぶらかわ青森市
津軽宮田駅つがるみやた青森市
奥内駅おくない青森市
左堰駅ひだりせき青森市
後潟駅うしろがた青森市
中沢駅なかさわ青森市
蓬田駅よもぎた東津軽郡蓬田村
郷沢駅ごうさわ蓬田村
瀬辺地駅せへじ蓬田村
蟹田駅かにた東津軽郡外ヶ浜町
中小国駅なかおぐに外ヶ浜町
大平駅おおだい外ヶ浜町
津軽二股駅つるがふたまた東津軽郡今別町
大川平駅おおかわだい今別町
今別駅いまべつ今別町
津軽浜名駅つがるはまな今別町
三厩駅みんまや東津軽郡外ヶ浜町