温故知新

(一般)
おんこちしん

過去の事象や学説をじっくりと学んだ上で、現状を知り、それに適した判断ややり方を見出し今後に活かすこと。
出典『論語』で原文は「子曰温故而知新可以為師矣」。孔子はこれが出来るようになれば指導者となる素質があるという。
単に旧来の手法を盲信することは、孔子の説いたこととは異なる。四字熟語。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ