独ソ戦

(社会)
どくそせん

第二次欧州大戦の東部戦線で行われた、ドイツ第三帝国*1とソヴィエトとの一連の戦い。「スターリングラード攻防戦」や「レニングラード包囲戦」が有名。第二次世界大戦のメインステージ中のメインステージにあたる。

主な流れ

  • 1941年
    • 独ソ不可侵条約破棄、ドイツ軍による侵攻開始(バルバロッサ作戦)
    • レニングラード、包囲される
    • ドイツ軍によるモスクワ攻略(タイフーン作戦)が赤軍の冬期反攻によって失敗
  • 1942年
    • ドイツ軍、南方での夏期攻勢開始(ブラウ作戦)
    • スターリングラード攻防戦*2
  • 1943年
    • 第三次ハリコフ戦*3
    • ドイツ軍、クルスクのソ連軍突出部を攻撃、失敗(ツィタデレ作戦)
  • 1944年
    • コルスン包囲戦
    • バグラチオン作戦(独中央軍集団の崩壊)
    • ワルシャワ蜂起
  • 1945年
    • 春の目覚め作戦
    • ベルリン陥落

*1:および中小枢軸国

*2:赤軍の反攻作戦「ウラヌス」(ウラン)によって独第六軍を包囲する。救出作戦「冬の嵐」は失敗、第六軍降伏。コーカサスの独軍は辛うじて撤退に成功

*3:赤軍の攻勢をマンシュタインが「後手からの一撃」により粉砕。以後泥濘による停滞期に入る

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ