舟越桂

舟越桂

(アート)
ふなこしかつら

彫刻家。
楠(くすのき)を素材とした半身像に彩色をほどこし、眼には大理石をはめ込んだその独自の木彫作品をつくりだす。