西瓜

()
すいか

:飲食物
:野菜
:植物
 瓜科の植物。主に生食用。日本においては夏の風物詩でもある。
 形状は球形〜楕円形だが、近年では成長過程で枠にはめてしまう四角い西瓜というものもある。
 砂地でよく育ち、実は小さいものでも径15〜20センチ、外国産の巨大なものでは長径1mを超えるものもある。日本で西瓜の産地としては新潟、熊本、千葉などがあげられる。

 外観の固定概念としては緑地に黒の縦縞*1
 果肉はスポンジ状で水分を多く含み、甘い。一般的に赤色。場合によっては黄色いものもある*2。種子は実が熟れると白から黒になる形状は扁平な紡錘形で、大きさとしては5ミリ程度。
 皮の厚さは5ミリ〜厚いものや末生りでは数センチに及び、表皮の緑色の部分と、果肉の赤い色の間は白い。この部分を塩漬けにして食用とする場合もある。
 

*1:一般に黒西瓜と呼ばれる、緑地が非常に濃く、縞と判別できないような色のものもある。緑と黒の一般的西瓜に比べて小ぶりであることが多いが、より甘い。

*2:最近はあまり見かけない

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ