踊る大捜査線

(テレビ)
おどるだいそうさせん

1997年1月7日から1997年3月18日にかけてフジテレビ系で放送されたテレビドラマ。および、その後に制作されたテレビドラマ、映画シリーズ。

解説

「本店(警視庁)と支店(所轄)」などの独特の隠語や、作中オリジナルの宅配便会社「カエル急便」、そして警視庁のマスコットキャラであった「ピーポくん*1の名を日本全国に知らしめた大ヒット刑事ドラマ。
名作ドラマ『太陽にほえろ!』をアンチ・ルールとして、「ニックネームでは呼ばない」「聞き込み中にテーマソングを流さない」などにみられる、従来の刑事ドラマの枠を破ったユニークな設定が多数見られる。また『機動警察パトレイバー』を意識した舞台設定(東京湾の埋立地を舞台の中心とした設定)、新世紀エヴァンゲリオンのBGMの使用なども、マニア心をくすぐる要素の1つでもある。
どちらかというと放送中は平凡な視聴率で、一般的に人気があったとは認知されていなかったが、放送終了後に人気に火がついた感がある作品。そして、のちにスペシャル編を2作品(婦警版を含めれば3作品)を経て、『踊る大捜査線 THE MOVIE』と映画となり、記録的なヒット作品となる。

スタッフ

主なキャスト

シリーズ作品

テレビドラマ

  • 1997年1月、「踊る大捜査線」全11話(平均視聴率*218.2%)
  • 1997年12月、「踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル」(視聴率25.4%)
  • 1998年6月、「踊る大捜査線 番外編 湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル」(同24.9%)
  • 1998年10月、「踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル」(同25.9%)
  • 2005年12月、「踊るレジェンドドラマスペシャル 逃亡者 木島丈一郎」(同15.6%)
  • 2006年10月、「踊るレジェンドドラマスペシャル 弁護士 灰島秀樹」(同16.8%)

映画

警察用語

  • 本店…警視庁⇔支店…所轄
  • 社長…警視総監
  • 副社長…副総監
  • キャリア…警察庁入庁⇔ノンキャリア…警視庁巡査拝命

DVD

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

番外編(縁の下の声優達)

津嘉山正種を始め渋い役を吹き替えてる声優が何人が端役で出演している。

  • 佐々木勝彦…水野美紀扮する柏木雪乃が入院した時の担当医師の役。
  • 佐々木敏……柳葉敏郎扮する室井慎次に事件の揉み消しを命令する官僚役。
  • 大塚周夫……織田裕二扮する青島俊作が潜入捜査している会社の社長役。
  • 有川博………ユースケ・サンタマリア扮する真下正義の父親で第一方面本部長役。
  • 津嘉山正種…官僚役として時々登場。この項の中では一番出番が多い。

*1:作品中では著作権の関係上、角の2つある「ピーポーくん」にされた

*2:ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同じ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ