Hatena Blog Tags

通貨発行権

(一般)
つうかはっこうけん

http://research.php.co.jp/seisaku/report/00-41.pdf

通貨発行権とは、自国の領土内で通用する通貨を究極的には無限に発行することができる権限である。

関連キーワード

  1. リスト::経済関連
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

歴史的資産による資金分配の仕組みは、戦後賠償として各国に与えられる財源の提供といえる。

歴史的資産による資金分配の仕組みは、戦後賠償として各国に与えられる財源の提供といえる。 本当に学校では教えない金融の仕組みということになりますが、世界の銀行システムを担保しているのは、先の、第一次、第二次世界大戦における戦争資産⇒歴史的資産によって、担保されていると言えます。これは、FRBでも欧州のユーロでも同じことで、日本円も恩恵を受けています。つまり、ゴールドクレジットを元に通貨を発行できているというのは、日本円の強さでもあります。 つまり、この歴史的資産(戦争資産)といわれるゴールドの裏付けがない国の通貨は、非常に弱く、裏付けはなく、政府保証ということで、通貨を発行しているということにな…

国連規定における歴史的資産について理解をして、日本人としてどうするか?

国連規定における歴史的資産について理解をして、日本人としてどうするか? 企業育成資金の原型を作った日米相互防衛援助協定 MSA協定も、実は、これは、日米協定ではありますが、国連に登録された条約ということになります。 歴史的資産といわれる世界大戦によってうまれた凍結資産についての活用方法についての規定は、第一次世界大戦のベルサイユ条約、第二次世界大戦のブレトンウッズ会議、世界銀行(国際復興開発銀行)、IMF,NU(国連)などが関係して、国連が関係する決議については、マーシャル・プランなどの財源を確保したマーシャル財団など、歴史的資産は、国際条約、国際的復興開発プログラムで複数の仕組みが存在した、…