長屋王の変

(一般)
ながやおうのへん

奈良時代は聖武天皇の代、神亀6年(729年)2月に長屋王らが反乱を企てたとして処罰あるいは自害に追い込まれた事件。
左大臣であった長屋王はこの事件で薨去。光明子が立后し藤原四卿政権が樹立されるが、天平9年(737年)の流行病で四卿も薨去してしまう。
光明子の立后などを企んだ藤原氏の他氏排斥事件とみる説が有力。

経過

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ