Hatena::ブログ(Diary)

蒼天遊々な旅日記

2018-08-31

エンドロール

08:12

f:id:ikazuti-d:20180814101059j:image

今現在使用中の『はてなダイアリー』が、2019年春をもってサービス終了というアナウンスが公開された。

10年近く使ってきて、慣れていることもあってかなんだかとっても惜しい気もする。

無料で好き勝手使わせてもらっているので、文句は言えまい。


という事で、早々にこちらの『はてなダイヤリー』を撤退することにした。


とは言いつつも、10年近く書き込んだ記事は自分で見返しても『そういう事もあったなぁ』と感慨深く想うところが多々あったので、現在使用中の『はてなダイヤリー』から同社の『はてなブログ』へと移行する形式をとるつもり。

過去の記事を全て移行できるので、とりあえず一安心か。


現在運営側が、ブログの移行を一時中断しているので準備ができ次第といったところだ。




引っ越し先はこちら→『蒼天遊々な旅』https://ikazuti-d.hatenablog.com/

numapynumapy 2018/09/01 13:23 いやぁ、海きれいですねぇ。
はてなダイヤㇼー、オイラもはてなブログに移行する
予定です。ただ、機械音痴の身にできるか、シンパイです。

ikazuti-dikazuti-d 2018/09/02 20:17 numapyさん>綺麗な海ですよね。瀬戸内なんですよ。
見る限りだと移行は簡単そうです。
現在は移行が多いようで運営側はストップしていますが。
当方も運営側の準備が整い次第移行するつもりです。
現在最新の記事は、はてなブログに書いております。
運営もはてなブログに注力しているようで、システムもはてなブログの方が色々出来て優秀のようですね。
ただ、自分の場合は日記だけで「読者を集めて〜」とか「広告収入が〜」とかは必要のない人です。
その程度であれば使い勝手はそんなに変わらなかったです。

numapynumapy 2018/09/04 08:59 台風、ご用心を!

ikazuti-dikazuti-d 2018/09/04 20:20 numapyさん>ありがとうございます。台風は何の被害も無く過ぎ去りました。
直撃を受けたところは酷いですね。
そちらへ向かっているようですのでnumapy さんもご用心を!!

numapynumapy 2018/09/08 15:58 災害見舞い、ありがとうございました。

2018-08-30

漕ぎ出す

08:30

f:id:ikazuti-d:20180814102746j:image

瀬戸内の穏やかな海だと、サーフボードよりもこちらの方が向いているようだ。


ド近眼という事もあって、海のアクティティに本気になれない。

眼鏡やコンタクトレンズで補正は出来るが、眼が悪いという事は意外とネックだ。

2018-08-29

酷暑RUN

12:03

f:id:ikazuti-d:20180829093843j:image

長らくほったらかしにしていたバイクのオイル交換をお願いした。

しかし暑いわ。はよ涼しくならんかな。

2018-08-28

山行記 第二次周南アルプス探訪 茶臼山

15:20

f:id:ikazuti-d:20180828094519j:image

第二回目となる周南アルプス探訪。

前回は2015年12月28日に北側から虎ヶ岳へ向かうルートで探訪したが、今回は南側から入り、とりあえず行けるところまでとした。

足しげく通うつもりだったが2年半もほったらかしだったな。

国道188号線にある大谷パーキングに駐車し、歩道橋を渡って登山開始。

f:id:ikazuti-d:20180828094936j:image

基本的に樹林帯になるので、日陰もあって大分ましだろうと思っていたのだが、入山が遅かったこともあり気温がぐんぐん上がり、一瞬で汗だくになった。

急な登坂は無いものの、地味に暑い。暑すぎる。

f:id:ikazuti-d:20180828101646j:image

夏でも日陰があって涼しいという話を聞いていたが、猛暑日の低山はかなりこたえる。

f:id:ikazuti-d:20180828095813j:image

展望台もあり、眼下には下松の工場地帯を望むことが出来た。

f:id:ikazuti-d:20180828104711j:image

そして第一ピークとなる茶臼山山頂へ登頂。

山頂は展望も良く、ベンチも沢山置かれて綺麗に整備されていた。

f:id:ikazuti-d:20180828104957j:image

周南アルプスの全容。一番高い部分が虎ヶ岳になるのかな?

双眼鏡で山容を確認するとピークと思しき地点に旗が掲げられている。

見える限り3つほど。

当初の予定では烏帽子岳、虎ヶ岳を目指すつもりだったが、烏帽子岳までの距離は5キロちょっと。

そこからさらに20分ほどで虎ヶ岳になるのだが、行って戻ることを考えると時間的に厳しいのは明らかだったので、時間を見ながらキリの良いピークで撤退する計画に変更した。

f:id:ikazuti-d:20180828110924j:image

ひたすら樹林帯を歩くのだが、コルに入れば大量の羽虫にまとわりつかれ、人の往来が少ないこともあってか蜘蛛の巣だらけ。

もういや。

f:id:ikazuti-d:20180828113433j:image

無名のピークに到達。

しかし暑い。標高が低いのでちっとも涼しくない。

樹林帯で日陰が多く、まだまともかなと思ったが、そうはいかなかった。

とにかく暑い。

汗が噴き出て止まらない。塩飴や多めに持ってきていた水で何とかしのいだが、今までで見たことが無い様な量の汗が体中から噴き出てきた。

めまいや倦怠感は無いものの、兎に角この汗のかきかたは熱中症の初期症状と想われるので、キリの良いピークですぐさま撤退。

ズボンの裾まで汗で濡れ、シャツを絞れるほど汗をかいたのは初めてだ。

f:id:ikazuti-d:20180828113444j:image

今回は弥迫平というピークまでとした。

探訪なので無理をする必要もない。というかこの手の低山は盛夏に来たらダメだわ。

f:id:ikazuti-d:20180828120049j:image

第一次探訪の時の様に、冬の寒い時期が丁度いい。

ちょっと反省。

右田ヶ岳は結構余裕なんだけどなぁ・・・。

f:id:ikazuti-d:20180828144958p:image

往路:東豊井コース 茶臼山まで1時間 弥迫平ピークまで35分

復路:上記ルートをピストン 1時間30分

この周南アルプスを縦走しようとしたらかなりの距離があるな。

とにかくルートが多数あるため色々なところからエントリーできるのが便利な所。

ピークハントであれば山頂から一番近い登山口から入山するのがベター

山域のほとんどが樹林帯とはいえ盛夏の縦走はお勧めできない。

2018-08-27

山行記 右田ヶ岳 天徳寺ルート→塚原ルート

12:41

f:id:ikazuti-d:20180827083810j:image

本日も午前中に時間が取れたので右田ヶ岳へトレーニング。

もうずいぶんとこの山をホームマウンテンとして登りに来ているが、初めて登った時と比べると体は筋肉痛になったりするようなことはもうなくなった。

肉体的には問題ないのだが、特に今日は気温が高く精神的に参ってしまった。

登るときの辛さよりも暑さで体力を奪われているようで、なかなかしんどい山行になった。

f:id:ikazuti-d:20180827084828j:image

f:id:ikazuti-d:20180827090328j:image

軽く体を動かして汗を流す、正直そんなレベルではないくらい酷い暑さだ。

せっかく涼しくなったと思ったのに台風が過ぎ去ってからはまた暑さがぶり返してきた感がある。

f:id:ikazuti-d:20180827090727j:image

f:id:ikazuti-d:20180827094057j:image

あまりに暑いので登りは息が切れない程度のゆっくりした速度で進む。

こまめに休憩と水分をとって途中で行動不能になるのを防いだ。

樹林帯が無いので酷暑の登山は相変わらず辛い。

f:id:ikazuti-d:20180827095612j:image

山頂に到着すると日差しの強い山頂広場には登山客がちらほら。

皆さん頑張るねぇ。

風はわずかにあるものの照りつける日差しに参ってすぐさま下山。

f:id:ikazuti-d:20180827102354j:image

もうすぐ8月も終わりを迎えるがなかなか暑さがしぶとくまとわりついてくる。

f:id:ikazuti-d:20180827104545j:image

早く涼しくならんかなぁ。

冬時期が一番低山が面白いんだが。

f:id:ikazuti-d:20180827122857p:image

往路:天徳寺ルート 1時間10分

復路:塚原ルート 45分

寒ければ着込めばいいが、暑いのはどうしようもない。

常連さんたちはほとんど皆団扇持参。

俺もマネしよう。

2018-08-25

海神

20:25

f:id:ikazuti-d:20180814175105j:image

海神・井筒大明神降臨。


『今日も平和でよろしい。明日もきっと平和だろう。辛いことがあったとしても、それでよろしい。いつかは雨が止み、いつかは朝が来る。』


波風に乗って海の声が聞こえる。

2018-08-23

山行記 右田ヶ岳 直登(谷)ルート→塚原ルート

16:17

f:id:ikazuti-d:20180823084710j:image

トレーニングがてら本日も右田ヶ岳へ。

f:id:ikazuti-d:20180823085938j:image

台風前という事だがまだ天気はよく、少しばかり風が強い程度。

f:id:ikazuti-d:20180823090112j:image

久々に直登。

f:id:ikazuti-d:20180823090509j:image

展望の良い尾根へ行くか、涼しいと思われる谷へ行くか・・・。

台風のせいで気温が高めだったので久しぶりの谷を歩く。

が・・・。

f:id:ikazuti-d:20180823091141j:image

f:id:ikazuti-d:20180823091619j:image

マイナールートという事もあってか踏み跡が無いわ、嫌いな蜘蛛の巣だらけだわ・・・。

枯葉でズルズルの急斜面を登って行ったのでちっとも快適ではない。

テープはあるものの、道は荒れているし虫が多いので、虫の少ない寒い時期が無難な感じ。

f:id:ikazuti-d:20180823095544j:image

山頂へ到着すると強風が吹いて、国旗がなびいていた。

休憩をしていると常連さんたちが続々と登頂。

挨拶を済ませ下山を開始した。

f:id:ikazuti-d:20180823102855j:image

風は強く雲が流れている。

こちらは台風が直撃するようなルートではないが、夜から雨風が強くなりそう。

f:id:ikazuti-d:20180823104902j:image

今の時代、突拍子のない自然災害が発生するので気を抜けない。

f:id:ikazuti-d:20180823160325p:image

往路:直登・谷コース 1時間

復路:塚原コース 45分



直登の谷を進むのは今回が2回目。

谷の急登なので日差しは遮られているが、登りは辛い。

ほぼジャングルなので虫が多いし。

目印は多いものの、見どころが無いため登山客は少なく、どちらかと言うとマイナールートの一つだろう。

岩場や展望の多い尾根のルートの方が面白い。