スマートフォン用の表示で見る

アート

アングル

あんぐる

:芸術家

ジャン=オーギュスト=ドミニック・アングル(1780年-1867年)

新古典主義美術を代表する芸術家の一人。

グロ(ジャン・グロ)に代わって七月王政期のアカデミズムの指導者になった彼は、旧体制末期に生まれて第2帝政期まで生き、その間終始一貫、色彩に対する線の優位と静的な構図という新古典主義の領域を守り続けた。

だが、彼の描く人体は古典主義的理想美よりも彼の個人的な美意識に従って形作られており、存命中からしばしば批判の対象になった。

彼は『ベルダン氏の肖像』のような多くの優れた肖像画の他にも物語画も描いたがそのテーマは古典古代以外の東洋世界やフランスの歴史などにも典拠をもち、19世紀前半のアカデミズム絵画の折衷的な特徴を示している。

そんな彼の門下からは新時代であるロマン主義絵画最初の美意識のマニフェストであるテオドル・ジェリコーが出た。

正式名称は「日本ファジィ学会学生部会」で、日本ファジィ学会に所属している学生によって組織される集まりのこと。ソフトコンピューティング若手研究会という学生だけの研究会も行っており、2003年11月には第4回の研究会が筑波大学で行われた。

【表記】Δngle

一般

アングル

あんぐる

angle

  1. 「角度」のこと。特に、被写体から見たカメラと地面(床)との角度のことを指す。転じて、「物の見方」の意味にも使う。
  2. 材木や鋼材を組立てる時、それが交わる部分に取り付けて固定させる金具のこと。

アングル:angle 

  • 《米俗語》:企み、魂胆、ねらい
  • プロレス用語》:あらかじめ仕組まれた段取り、筋立て。

 ex → 作品の奥深さは〜の出来次第で決まる。