スマートフォン用の表示で見る

シンガー・ソングライター

音楽

シンガー・ソングライター

しんがーそんぐらいたー

Singer Songwriter

 '70年代、米国で起こった大衆音楽のムーブメントジェイムズ・テイラーキャロル・キングなどが代表に挙げられることが多いが、自分で作詞・作曲した楽曲を演奏することを特徴とする。それまでの、作詞家/作曲家/歌手による音楽産業の分業制を大きく覆した。当時はフォークムーブメントの流れもあり、歌手と歌の主人公の人格の同一性が求められることが多かった。

 日本でもほぼ時を同じくして、男性では、矢沢永吉吉田拓郎、井上揚水、山下達郎長渕剛、さださまし、世良正則などが、女性では、加藤登紀子五輪真弓松任谷由実中島みゆき竹内まりやなどが、自ら作詞作曲を始め、他のシンガーへの詞や曲の提供などもするようになり、日本を代表するシンガーソングライターと呼ばれるようになった。