スマートフォン用の表示で見る

ジャンボ鶴田

スポーツ

ジャンボ鶴田

じゃんぼつるた

全日本プロレスのレスラー。故人。

本名・鶴田友美。

1951年3月25日生まれ。山梨県東山梨郡牧丘町(現・山梨市)出身。

196cm、127kg(40歳時)。

日川高校時代はバスケの選手。中央大学時代にレスリングに転向し、ミュンヘンオリンピック出場。

'72年、全日本プロレスにスカウトされる。「全日本プロレスに就職します」と言う名言を残した。

ドリー・ファンクSr.の指導を受け、翌年3月23日のアマリロにおけるエル・タビア?戦でデビュー。

'75年には、ジャイアント馬場と組んでインタータッグ選手権、その翌年にはUNヘビー級のタイトルを獲得。'83年にはブルーザーブロディよりインターナショナル選手権ヘビー級を獲得。この時点で馬場に「今日から(俺でなく)おまえがエースだ。」と言われた。

翌年には、日本人で初めてAWA世界ヘビー級を獲得する。その後、日本とアメリカを往復して世界タイトルを防衛するという、馬場も成し遂げなかった快挙をやってのけた。

'89年には、スタン・ハンセンを倒し、当時全日本に乱立していた三つのシングルタイトルを統一し、初代三冠ヘビー王者に。

'92年、B型肝炎になり長期入院。筑波大学院に合格し、レスラー兼学者に。その後、慶應大学桐蔭横浜大学、母校中央大学でも講師として教鞭をとる。

'99年、プロレスを引退してポートランド州立大学の教授に就く。

2000年5月13日、肝臓の手術中に大量出血、マニラで逝去。

主なタイトル:AWA世界ヘビー級 世界三冠ヘビー級 インターヘビー級 UNヘビー級など多数

得意技


google:ジャンボ鶴田

リスト::プロレスラー