スマートフォン用の表示で見る

ビーフジャーキー

ビーフジャーキー

びーふじゃーきー

牛の乾燥肉。

コロンブスアメリカ大陸を発見する前から、保存食としてアメリカインディアンによって作られていたされる。

アメリカにおいて本格的に商品化されたのは1959年で、ベトナム戦争におけるアメリカ兵の携行食として普及したが、日本では価格が高く高級品のイメージが強い。