スマートフォン用の表示で見る

ピンクリボン

一般

ピンクリボン

ぴんくりぼん

概要

80年代、アメリカで始まった。

アメリカでは、8人に一人が患うと言われている乳がんの検診意欲を高める為、

ピンクリボンの活動が行われた。

乳がんは、早期の治療で治ると言われている。


日本では、30人に一人の確率で乳がんの患者がいる。

乳がんは、症状が少ないことから、なかなか異変に気づかれない。

異変に気づいた時には、もう手後れのケースが多いと言う。

彼女たちに関心を持たせる為のキャンペーン。