スマートフォン用の表示で見る

プロット

読書

プロット

ぷろっと

plot

構想、趣向、脚色、筋立てなどを意味する英単語。

主に映画のシナリオや小説などの劇作用語で、物語全体の粗筋を前もって構成しておく段階をプロットという。ストーリーの設計図とも呼ばれる。

基本的に、実際のシナリオはプロットに従って書かれることが多い。プロットが破綻していた場合、完成した作品も破綻する確率が高い。

「物語」を「モノ」と「カタリ」に分けると、「モノ」がストーリー、「カタリ」がプロットになる。

ミステリー(推理小説本格ミステリ)で言うと、「謎→推理→解明」がプロット、「動機→犯行→偽装→発見→推理→解明」がストーリー。

真相が時系列で並んだものがストーリー、それが隠されているがための謎を解明するのがプロット

文学研究者ボリス・トマシェフンスキーによると、「論理的、因果・時間関係におけるモチーフ(作品の分解不能の最小部品のテーマ)の総体」がストーリー。

「人工的な構造」がプロット

プロットにたいしてストーリーが先行的であろうとする。

ミステリーの創始者 エドガー・アラン・ポー(ポオ)も「プロット作りにおいて、作者は結末まで分かっていなければならない」と書いている。

笠井潔探偵小説論序説』)

関連語:脚本 シナリオ ミステリ 本格ミステリ

誤爆回避:ロット プロ