スマートフォン用の表示で見る

ホース

音楽

ホース

ほーす

江崎將史 trumpet

古池寿浩 trombone

宇波拓 guitar

泉智也 bass

服部玲治 bodhran

前世紀末、宇波の発案により古池、泉、服部があつまる。ほどなくして江崎も加わり、5人編成のホースとなる。結成当時、念頭にあったのはラズウェル・ラッド・トリオ、アートベアーズジェネシス空手バカボンほぶらきんシュールホフ、ブルヘリアなど。しかし、それらが思い出されることはないまま混沌とした数年が経過。泉の妄想に基づいたストーリーテリングとポピュラー音楽メソッドから脱落したストラクチャーにより、効果をあげることなく切断される叙情的な楽曲をたどたどしく奏でるアンサンブルが確立しつつあった2003年、バンドが崩壊。2006年よりライブ活動を再開する。2006年はキッドアイラック軽音楽フェスティバル(5月)、フェスティバル・ビヨンド・イノセンス(12月)に参加。2007年、円盤ジャンボリーにおける40人編成での合唱(1月)、レコーディング(3月)、H・P・ラヴクラフトの墓参(4 月)を経て、7/4、UNKNOWMIXよりファーストアルバム『ホース』がリリースされる。

ホース

ホース