スマートフォン用の表示で見る

ボラ

キーワードの候補

4件

[学名] Mugil cephalus

ボラ(鰡、鯔、鮱)は、ボラ目・ボラ科の海水魚

出世魚の一つで、30〜40 cmのものを指す。

関東・関西では、一般に3 cmくらいをハク、5〜10 cmをオボコ・スバシリ、20 cmくらいをイナ、50 cm以上をトドと呼び、「とどのつまり」の語源になったといわれる。

ほぼ全世界の熱帯・温帯に広く分布する大型魚で、食用に漁獲されている。

また、カラスミは、ボラの卵巣を塩漬けし乾燥させたものである。

関連語 リスト::動物 リスト::魚類 海水魚

山の斜面を吹き下りる冷たい風。

本来はクロアチアのダルマチア地方でアドリア海に吹き下りる北東風

音楽

ボラ

ぼら

一般

ボラ

ぼら