スマートフォン用の表示で見る

レターパック

一般

レターパック

れたーぱっく

レターパック日本郵便の、全国一律料金で信書や荷物を送ることができるサービス。

レターパックプラス*1と「レターパックライト*2の2種類がある。

郵便窓口・コンビニエンスストアなどの郵便切手販売所でレターパック(封筒)を購入し、手紙や荷物を封入するだけ、宛名を書けば、郵便窓口のほか、ポストにも投函できる。料額印面つきであるため、別途郵便切手の貼付は必要としない。

どちらにも追跡サービスが付与されており、投函者は郵便物配達状況を確認できる*3。また、旧エクスパックよりは劣るとされるものの引き続き通常郵便よりも早めに配達されるので、準速達と言ってよいものになっている。

現金を送ることはできず、封入物の紛失・毀損等による損害賠償も行われない*4

レターパックプラス

  • 全国一律510円
  • A4サイズ、4kgまで、封入可能であれば厚さの制限なし
  • 信書送付可能
  • 対面配達で、受領者の受領印もしくは署名が必要(簡易書留と同等)
  • ほぼ速達扱い(速達性の例を挙げると、例えば福岡市だと午後5時あたりまでに出せば翌日東京到達。ただし速達と違い到達期限の保証は無い。)
  • 集荷サービスもある

レターパックライト

レターパックプラスで実現可能な在宅郵便環境

レターパック郵便局によっては配達販売を行っている*5。これとレターパックプラスの集荷サービスを組み合わせて利用すると、実は自宅から一歩も出ずに簡易書留と同程度の受領確認サービスの利用が行える環境が構築可能な事になる*6

日本郵便の同種のサービス

スマートレター

  • 全国一律180円
  • A5ファイルサイズ、1kgまで、厚さ2cmまで
  • 信書送付可能
  • 配達記録無し

*1:2012年5月下旬以前の愛称は「レターパック500

*2:2012年5月下旬以前の愛称は「レターパック350

*3配達状況確認ページ:郵便追跡サービス - 日本郵便

*4:現金を郵送する場合は現金書留を使用するよう郵便法に規定されている。

*5:少ない数の場合は配達販売を断られる事があるかもしれない

*6配達販売では同時に切手や印紙等の購入も出来る。また100円ショップ等より割高になるが郵便局で売っている封筒等も購入出来る。