スマートフォン用の表示で見る

胃潰瘍

サイエンス

胃潰瘍

いかいよう

病気 病名

概念
食物を消化するはずの胃酸やこれによって活性化されたペプシンが、胃の表面に出来た潰瘍部分から自己消化を起こすこと。(自分で自分の胃を消化してしまう。)「胃酸のないところに(良性)潰瘍は発生しない。(no acid, no ulcer)」という原則は、臨床的に広く支持されている。
主な症状
心窩部痛(いわゆるみぞおちの痛み):食後30分〜1時間に空腹痛が起きる。
合併症
穿孔:穿孔がおこると突然心窩部の激痛を訴え、しばしば悪心、嘔吐を伴う。循環器障害によっては頻脈・冷汗・顔面蒼白をきたし、高度の場合はショック状態となる。
出血:吐血・下血を起こす。タール便(血が混じった便)が出る。
主な病因
高濃度のアルコール摂取
ストレス、特に精神的な緊張の持続
ショック(たとえば重い火傷)
ヘリコバクター・ピロリ

潰瘍とは、何らかの原因で粘膜や皮膚の一部に欠損を生じ、それらに被われていた組織が露出するような病変をいう。

タバコアルコールを控え、安静を保ち、香辛料の摂取を控えましょう。