スマートフォン用の表示で見る

王羲之

アート

王羲之

おうぎし

:人名

[307〜365年]

中国東晋時代の書家政治家。琅邪臨沂(山東省臨沂市)の王氏の出身。

漢魏以来の諸家の書を集大成し、芸術にまで高めた。書の原点を象徴する存在であり「書聖?」と称される。


唐の第二代皇帝である太宗?は、王羲之の書を愛するあまり「蘭亭序」を自らの墓に副葬させるほどであった。

代表作

楽毅論」

「黄庭経」

「蘭亭序」

「十七帖」