スマートフォン用の表示で見る

間宮林蔵

一般

間宮林蔵

まみやりんぞう

(1775-1844) 江戸後期の探検家。諱(いみな)は倫宗(ともむね)。常陸(ひたち)の生まれ。幕府蝦夷(えぞ)地御用雇となり蝦夷地に勤務、伊能忠敬に測量を学ぶ。千島・西蝦夷樺太を探検。間宮海峡を発見し、樺太サハリン)が島であることを実証。シーボルト事件の告発者といわれる。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

墓所は現茨城県つくばみらい市上平柳5の龍山専称寺