岩佐又兵衛

アート

岩佐又兵衛

いわさまたべえ

(1578-1650) 江戸初期の画家。本名は勝以(かつもち)。荒木村重の子。土佐派狩野派などに学び独自の画風による風俗画で一世を風靡(ふうび)。俗に浮世絵の始祖といわれる。代表作、川越喜多院東照宮の「三十六歌仙額」

三省堂提供「大辞林 第二版」より