スマートフォン用の表示で見る

狩野派

アート

狩野派

かのうは

 江戸時代徳川幕府の御用絵師をつとめた一派。

一子相伝で技法を伝え、江戸幕府終焉のころまでその職を務める。

主な絵師としては、狩野永徳狩野山楽狩野探幽などがいる。

 ただ、その一子相伝による技法の継承が、新たなカテゴリーの作品を生みにくくしたキライがあり、血統によらない琳派俵屋宗達尾形光琳酒井抱一中村芳中)のような自由闊達さはあまり持ちえなかった。