久万高原町

地理

久万高原町

くまこうげんちょう

愛媛県上浮穴郡久万高原町は、四国ならびに愛媛県のほぼ中央部にあり、愛媛県上浮穴郡に属する地方公共団体

2004年8月1日に、久万町面河村美川村柳谷村合併して発足。

面積は583.66km²、人口は 8,944人*1

地勢

松山市中央部から国道33号線を通り、三坂峠を越えたところにあり、標高1000mを超える四国山地に囲まれた山間の地域で、土佐湾へ流れ込む仁淀川から分岐した、面河川、久万川が縦走する水源地域。

緑あふれる森林や仁淀川水系が生む水辺環境とともに、美しく深い自然に恵まれ、かつ、県都松山市にも隣接していることから、都市との交流地域、近郊農村地帯、周辺住宅地としての自然的・地理的特性を有している。また、仁淀川下流の人々との活発な交流を通し、水源の町としての自覚を育むと同時に、自然環境保全が求められている。

*12016年3月31日現在