京都守護職

社会

京都守護職

きょうとしゅごしょく

日本の江戸時代末期の文久2年(1862年)に設けられた江戸幕府の役職。会津藩主の松平容保が任命された。京都市中の治安維持などの役割があった。慶応3年12月9日(1868年1月3日)に王政復古の大号令によって廃止された。