スマートフォン用の表示で見る

胡蝶の夢

読書

胡蝶の夢

こちょうのゆめ

荘子が、蝶となり百年を花上に遊んだと夢に見て目覚めたが、自分が夢で蝶となったのか、蝶が夢見て今自分になっているのかと疑ったという「荘子(斉物論)」の故事による〕

(1)夢と現実との境が判然としないたとえ。

(2)この世の生のはかないたとえ。

「春の夜のひと時、―の戯れに/謡曲・船橋

三省堂提供「大辞林 第二版」より