スマートフォン用の表示で見る

五・一五事件

社会

五・一五事件

ごいちごじけん

1932年5月15日、海軍の若手将校らが犬養毅総理大臣の自宅を襲撃して暗殺した事件。

犬養は「話せばわかる」と言ったが、「問答無用!」と射殺された*1

政党内閣は終わりを告げ、以後、軍部の発言力が強くなることとなる。

*1:一般にはこう知られているが、当事者の回想などによれば、実際には「話を聞こうか」と言ったのに対して、「問答いらん、撃て」というやりとりであったらしい