スマートフォン用の表示で見る

皐月

一般

皐月

さつき

卯月(4月)←皐月(5月)→水無月(6月)

陰暦(旧暦)五月の呼び名で,五月・皐月・早月などと書く。

“神に供える稲を植える月”という意味で,“さつき”の“さ”は,神仏にささげる白米である神稲(くましね。おくま:御供米とも言う。)のこと。

“早苗月”とも言うが,早苗(さなえ)の“さ”も神稲のことで,早苗とは苗代から田圃へ植え替える頃の稲の苗。陰暦5月は,田植えの季節だった。