スマートフォン用の表示で見る

史料

一般

史料

しりょう

歴史研究の素材となる、古文書、画像、伝承などの総称。

文章史料しては紙に記されたものは無論、木簡や石碑、マイクロフィルム等を含む。

画像は絵画が主であるが現代では写真や映像も含められる。

伝承も比較的近時のものを聞き取り調査したものなども含まれる。(成田空港問題など)

また人間の会話、表情、仕草、身振り等も広い意味では史料となりうる。

現在では歴史研究の対象の広がりとその手法の多様化により、およそ歴史を再構成しうる物はすべて史料となりうるといっても過言ではない。

資料とは、あえて異なる字を用いて表記する。